FC2ブログ
 
■プロフィール

株式会社アドワ・和田

Author:株式会社アドワ・和田
和田のブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
映画寸評
というタイトルを書いてみたものの・・・、
私は映画評論家でもなければ、それほどの映画マニアでもない。的外れな意見であることは覚悟の上で、この1-2ヶ月の間に観た映画を私見として公表します。

幸せのちから
いかにもアメリカ人の好きそうなストーリー。ウィル・スミス父子は良かったけど、感動するほどではない。元気は出る。

ナイトミュージアム
単純に楽しめる。笑える。デート向きのB級娯楽映画。

蟲師
ただ眠かった。よく覚えていない。

どろろ
面白い。柴咲コウみたいなエネルギッシュな女性はいい。

東京タワー
TVドラマとほぼ同じ。新鮮味なし。オダギリジョーはかっこいいが、見どころは特にない。

バベル
これは傑作。見るべき作品。眠くなる暇はない。

俺は、君のためにこそ死ににいく
石原慎太郎脚本の特攻隊の物語。完全に右翼映画・・・といいたいところだけど、泣ける。昔だったら兵士の視点が、今は「兵士の父親」の視点で観ている自分に気づく。若者に観て欲しい映画。



スポンサーサイト



雑感 | 10:56:38 | Trackback(0) | Comments(0)
ムシたちの季節
先日ゴルフから帰ってみると、末っ子が手にしていた物は・・・

トカゲ


トカゲである。しかもかっこいい。

暖かくなることはいいことだけど、ムシの季節が来たということでもある。今年の夏もムシトリをたくさんするだろう。ちょっとコワい。

家族 | 00:14:11 | Trackback(0) | Comments(0)