FC2ブログ
 
■プロフィール

株式会社アドワ・和田

Author:株式会社アドワ・和田
和田のブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
今年一年お世話になりました!
本日、2006年のすべての業務を終了いたします。一年間、ありがとうございました。
思い起こせば私の2006年はリーフ・アド・プランニングで始まりました。3月に代表を辞任し新会社として株式会社アドワを設立した後も、温かいご支援を賜り今日までやったこれましたことを、お客様に深く感謝いたします。
まだまだ成長過程の私ではありますが、今後益々精進を重ね、もっと皆様のお役に立てる存在になるべく努力をしていく所存でございます。
どうか、来年もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト



ご挨拶 | 18:30:26 | Trackback(0) | Comments(0)
びさいど 07年新年号 完成
昨日、KONDOグループが発行し、弊社が企画・編集面でお手伝いをしている季刊会報誌「びさいど」07年新年号の印刷があがった。

びさいど新年号


今回の特集テーマはずばり「学」。家族でいける埼玉県の学びスポットのほか、頭の良い子の育つ環境、iPodを利用した英会話上達法など学びに関するコラムも掲載。
弊社にサンプルがありますので、ご希望の方には差し上げます。どうぞ、お気軽におっしゃってください。

お客様 | 17:10:07 | Trackback(0) | Comments(1)
池の中のミミとコンタ
小学校2年生の息子が、学校の宿題で絵本を書いた。

絵本


池の中のミミとコンタ

 ある日の朝のことです。きつねのコンタが、うさぎのミミのところにやって来て、
「いっしょにの原であそぼうよ」
とさそいました。ミミは、
「いいよ。おにごっこをしよう」
と答えました。
 じゃんけんでコンタがマケて、おにになりました。ミミはかったので岩のむこうへはしりだしました。小とりが、おにごっこをしている二人を見て、
「コンタ、はやくはやく」
「がんばれ。つかまるな、ミミ」
と、おうえんしてくれました。
おにごっこをしているうちにお昼になりました。コンタが、
「のどがかわいたから、水がのみたいな」
と言いました。そこでふたりは森の小みちを通って、池まで走っていきました。はしの上で立ち止まって、そうっと水の中をのぞきこみました。すると、池の水がきらきら光って、ふたりの顔がうつりました。
「池の中にもわたしたちがいるね」
ミミがうれしそうに言いました。
それからふたりは毎日ここに来るようになりました。

家族 | 11:17:42 | Trackback(0) | Comments(0)
復活!
12月18日
整骨院にて受診。鎖骨骨折の経過をレントゲンで確認。見事に癒合していました。1ヶ月間私を支えてくれた「鎖骨バンド」とはこれでお別れです。
さらに、気になっていた脇腹の痛みはレントゲン撮影の結果、立派な肋骨骨折と判明。しかし、既に癒合しており、レントゲンでは痕跡が見えるのみだそうですが、いまだにくしゃみをすると痛いので日常生活には若干の支障が残ります。
何はともあれ、治ってよかった。

早速左腕を使ってみるのだけど、さすがに1ヶ月使っていなかったので、うまく動かない。日常生活の中でリハビリをして、年始早々にはティーグランド(ゴルフかよ!)に復帰したいものです。

雑感 | 12:14:42 | Trackback(0) | Comments(0)
田園風景
12月15日
会計事務所に資料を届けるために夕方出かけました。普段は車で往復するのですが、骨折以来の運動不足を解消すべく、片道30分の道のりを歩いてみました。
田園

大通りは極力避けて、多摩川に近い路地(というかあぜ道)を選んで歩きました。
私の地元日野は新撰組ゆかりの地として有名ですが、いまだ懐かしい時代の雰囲気を残しております。西の山に日が沈みつつあるのを眺めていると、自分の子供時代に戻るような気持ちがします。
たまにはこういう遠回りもいいもんですね。

雑感 | 12:08:01 | Trackback(0) | Comments(0)
札幌ロケ
採用セミナー上映DVDのロケで、12月6・7日、札幌へ行ってきました。昨年は日帰りロケでありましたが、今回は1泊なので少しは余裕がありました。


吹雪の大通公園。
大通り公園


今回の撮影目的である、観覧車を屋上に備えた商業施設「ノルベサ」。すすきのの繁華街のすぐそばです。
ノルベサ



08年新卒採用 | 12:42:15 | Trackback(0) | Comments(0)
鎖骨骨折のその後
11月13日に左の鎖骨を骨折。鎖骨バンドをしめて、三角巾で首から腕をつり、不自由な生活が始まる。

大変なこと
朝起きること
満員電車に乗ること(世間の人は構わずぶつかってくる。そのたびに激痛)
着替えること(Tシャツを着るのが大変。Yシャツなど前をボタンで留めるような服はそれほど痛くない)
風呂で身体を洗うこと(右手で大体の箇所を洗うのだけど、背中と右腕が洗えない。毎日息子たちに洗ってもらうことになる。息子たちに感謝)
食事(左手でお椀を持って口の中にかき込むことが出来ない。代わりにスプーンを使って食べる)
キーボードをたたくこと(とはいえPCなしで仕事は出来ない。膝の上にキーボードをおいて、左手をほとんど上げないようにして辛うじてキーボードをたたく)
泊りの出張(鎖骨バンドは一人では付けることも外すことも出来ない。カメラマンさんに協力していただき何とかしのぐ)

11月20日(月)
病院でレントゲン。骨折の状態が悪く、手術を勧められる。手術自体は嫌ではないのだが、1週間は仕事を休んで入院をすることになるので、とりあえず様子を見ることに。この日から鎖骨バンドをキツク締めるようにする。
三角巾は10日ほどで外したものの、不自由な生活に変わりはない。身の回りの片付け、洗車などはすべて放棄。回復してからまとめてやらないと・・・。

12月4日(月)
3度目の通院。レントゲン撮影の結果、骨に癒合の兆しが見えているとの診断結果。鎖骨バンドをキツメに締めたことが幸いしたのかもしれない。手術は不要、順調に行けば2週間程度で癒合するだろう、と言われ、ほっと胸をなでおろす。

まだまだ、鎖骨バンドを外すことは出来ませんが、骨折から約1ヶ月経ちだいぶ回復しました。この間、ご迷惑・ご心配をおかけしました。
温かく見守ってくださったお客様、協力してくださいましたスタッフの皆様、ありがとうございました。

雑感 | 12:35:30 | Trackback(0) | Comments(0)
鎖骨骨折
11月13日(月)深夜

地元の飲み友達と飲んだ帰り、自転車で転び鎖骨を骨折しました。転んだ場所は自宅のすぐそば。自力で家までたどり着きましたが、ただの打撲とは違うことはすぐに気がつきました。
玄関で横になること十数分。病院に行かねばならないと決意し、家内に救急車の手配を指示。約5分後、深夜なのにサイレン鳴らして救急隊員が到着。なんとも頼もしい。
立川の救急病院に運ばれ、レントゲン検査の結果、左の鎖骨骨折と診断されました。入院の必要はなく、鎖骨バンドというものを装着しその夜のうちにタクシーで帰宅をしました。

鎖骨骨折


骨折は42年の人生で初めての体験。情けないやら、悲しいやら・・・。この程度ですんで幸いという思いと、こんなことになってしまった自分に対する後悔の念が錯綜し、釈然としないまま朝を迎えました。

ところが・・・、寝るときには何も感じなかったのに、朝痛くて起きれない。一人ベッドで仰向けに寝ながら、少しずつ横に移動し、右足を床に置き、続いて左足・・・。右手も床に置いて、左の腕だけをベッドに残しつつ膝を曲げ、最後に右手で左手を抱えて起き上がりました。起き上がるのに要した時間は約10分。これからしばらくこんな生活になるのかと思うと、全く憂鬱。大好きなゴルフが出来ないのは当たり前。風呂に入って身体を一人で洗うことも出来ません。いつになったら治るのだろう?


雑感 | 19:39:18 | Trackback(0) | Comments(0)
笠取山登山
11月12日(日)
地元のラーメン屋「福々」の常連さんが集まって、笠取山に登りました。標高は2000メートル弱。それほど難しい山ではありません。
この山の特徴は、多摩川の源流があるといわれているところ。多摩川の源流といってもほんの湧き水がある程度のことですが・・・。

笠取山


頂上はまさに絶景。この写真は逆光なのであまりよく分かりませんが、遠くに雪を抱いた富士山が見えるのです。
富士山


登山の疲れを癒すのは、塩山の温泉宿。時間の関係で1時間半程度の宴会をしましたが、名物馬刺しは美味。思わず酒量が多くなってしまうのでした。(あ、いつものことか)
馬刺し



雑感 | 19:18:54 | Trackback(0) | Comments(0)