FC2ブログ
 
■プロフィール

株式会社アドワ・和田

Author:株式会社アドワ・和田
和田のブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
富士見山登山
去年、気軽な気持ちで知り合いに誘われるまま「多摩山遊会」に入会した。
登山の経験は2-3回あったし、登山靴も持っていたのでそれほど抵抗はなかった。ただ、以前経験した登山は高々標高差400メートルくらいで、ハイキング程度のもの。トライアスロンで鍛えた我が健脚には物足りないくらいであったのだ。

さて、2月8日(日)。富士見山登山。標高差1000メートルへのチャレンジだ。初心者の私としては未知の世界。
日本百名山を制覇したベテランたちはしっかりとした登山の格好。私は靴が登山靴である以外は、いつものゴルフウエアである。

登山口は標高700メートル。9時20分スタート。気温2度。
CIMG1102_convert_20090209113651.jpg


ひたすら上りの登山道を、ただただ登る。登り始めて10分程度で汗をかき始め、休憩ポイントでジャケット・ベストを脱ぐ。長袖シャツを肘までめくり上げて半袖に近い状態になって丁度いい。
気軽においた私のリックが坂を転げ落ちてしまうハプニング発生。荷物は必ず自分よりも山側に置くよう指導を受ける。

10時15分標高1100メートル地点通過。まだ半分に満たない。それにしてもペースが速い。私は初心者ゆえリーダー直後の2番手で登るのだが、60歳を越えたリーダーについていくのがやっとである。
CIMG1105_convert_20090209113720.jpg


稜線に出たら雪道。滑る坂道に四苦八苦。無駄な力が入って足がつりそうになる。
CIMG1136_convert_20090209113809.jpg


11時30分展望台到着。
CIMG1130_convert_20090209114023.jpg
CIMG1118_convert_20090209114157.jpg
CIMG1115_convert_20090209114101.jpg

富士見山というだけあって、富士山が綺麗だ。反対側には南アルプスが見える(と教わった)。

この展望台で食事。そして、アイゼン装着。12時展望台出発。展望台から一旦下り、2つの尾根を越えて山頂を目指す。

アイゼンとは滑り止めのために靴に付ける鋼鉄爪つき金具である。私は持っていないので借りた。もちろん、アイゼンで歩くのも初めてだ。雪道に全く滑らない。らくらく歩ける。クルマでいえばスパイクタイヤだ。
頂上には12時40分に到着。標高1640メートル。
CIMG1128_convert_20090209114303.jpg


記念撮影をして雪道を下山。
15時20分登山口まで帰ってきた。

その後近くの温泉でお風呂に入り(入浴料400円は激安!)、中央道で八王子に戻る。帰る途中、窓から八ヶ岳(と教えてもらった)が見えた。
CIMG1152_convert_20090209114339.jpg



18:30より八王子北口の金太郎(居酒屋)にて反省会。
山男の話は、知らない地名と山の名前と専門用語が出てきて、なかなか話についていけない。いつもとは打って変わって私は聞き役。
(喋ってばかりいないで、たまには聞き上手になれって?ご尤もです)
話の流れで「唐沢岳に登ろう!」ということになったのですが、私は大丈夫なのでしょうか?

登山でこんな筋肉痛になったのは初めてのこと。日頃の鍛え方が足りないことを痛感した。でも、こういう筋肉の痛みは、真剣にトライアスロンをやっていた頃以来で、なんとも心地がよい。


スポンサーサイト



雑感 | 11:54:37 | Trackback(0) | Comments(2)
イチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチング



知人から紹介されて読んだ本です。勉強になります。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

雑感 | 17:22:06 | Trackback(0) | Comments(0)
映画寸評 PART?
最近見た映画を寸評します。あくまでも私見であることをご了解ください。

あるスキャンダルの覚書

女性同士のダーティーな友情の物語。一人のベテラン女性教師が、別の女性教師にまとわりつき、秘密を握り自らの日記に克明に綴っていく。一時期は真の友情が芽生えるようにも感じられるが、その根底には嫉妬や嫌悪、征服欲がベースとなっており、人間の嫌なエゴを描いた映画である。男には分からない感情だ。

鴨とあひるのコインロッカー

仙台を舞台にした、巧妙かつ幻想的な物語。ボブ・ディランの音楽が耳に残る。なんとも切なくて、不思議な思いになる映画であった。

プロバンスの贈り物

恋人と見に行きたい映画。こうも綺麗な恋愛映画はちょっと照れるね。


ミス・ポター

ピーターラビットの原作者の女性が主人公。婚約者の死というものがクライマックスなのかと思いきや、軽く流しているあたり理解できない作品。気軽に観るにはいいけれど、大した作品ではない。

HERO

邦画も面白くなったもんだ。昔の邦画のイメージだと、どうしても「寅さん」「トラック野郎」という路線ですが、最近の邦画は見ていて楽しい。予算が多くなったのだろうか、人材が育ってきたということなのだろうか。とにかく何も考えずに楽しめる映画であった。

幸せのレシピ

プロバンスの贈り物と同様、恋人と見に行くことをお勧めします。一人で見ていると寂しくなります。




テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

雑感 | 11:08:52 | Trackback(0) | Comments(0)
屋台の駄菓子屋
健康&ダイエットのため、土日は出来るだけジョギングをするように努めている。先日、いつものように多摩川から浅川の土手を走り、ふれあい橋という歩行者用の橋から一般道に入って、公園の横の歩道をいつものように走っていると、駄菓子屋の屋台が・・・。

20070628205707.jpg


いったんは走りすぎたものの、どうしてももう一度確認してみたくなり、歩いて戻ってまじまじと見物。いまどきこういうものがあるですね。普通の自転車にカゴとノボリをつけて商品を入れただけのものであるが、なんとも懐かしい気がするのはなぜだろう。おじさんはニコニコ笑っている。許可を得て、携帯で写真を撮らせてもらった。

今度子供をつれてこよう。

駄菓子や



雑感 | 21:04:01 | Trackback(0) | Comments(0)
映画寸評
というタイトルを書いてみたものの・・・、
私は映画評論家でもなければ、それほどの映画マニアでもない。的外れな意見であることは覚悟の上で、この1-2ヶ月の間に観た映画を私見として公表します。

幸せのちから
いかにもアメリカ人の好きそうなストーリー。ウィル・スミス父子は良かったけど、感動するほどではない。元気は出る。

ナイトミュージアム
単純に楽しめる。笑える。デート向きのB級娯楽映画。

蟲師
ただ眠かった。よく覚えていない。

どろろ
面白い。柴咲コウみたいなエネルギッシュな女性はいい。

東京タワー
TVドラマとほぼ同じ。新鮮味なし。オダギリジョーはかっこいいが、見どころは特にない。

バベル
これは傑作。見るべき作品。眠くなる暇はない。

俺は、君のためにこそ死ににいく
石原慎太郎脚本の特攻隊の物語。完全に右翼映画・・・といいたいところだけど、泣ける。昔だったら兵士の視点が、今は「兵士の父親」の視点で観ている自分に気づく。若者に観て欲しい映画。



雑感 | 10:56:38 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ